忍者ブログ
創作系小説ブログサイトです。気ままに小説書いたり、日常書いたり、イベント告知したりしています。
17 . August
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 . February


既刊その9。

異世界ファンタジー日常編2。

サンプルは読みやすいように改行を変えてあります。

「花明かりの下、過ぎ去りし鈍色の記憶」より抜粋。

拍手




 『ここ』に来た当初、朱緋(あかひ)は月が嫌いだった。
 夜が嫌いだった。闇が嫌いだった。陽の光が嫌いだった。朝の目覚めが、人との交わりが、流れる雲の行方が、降り続く霧雨が、微かに鼻腔を擽る花の香りが、風が運ぶ木々のざわめきが――世界を形作る、すべてのものが嫌いだった。
 そしてなにより、この世界を憎んでいた。


 ――希瑛と初めて出会ったのは、そんなときだった。


 眠れない夜が続き、樹海の中を徘徊していたある晩のこと。
 伸ばした前髪の所為で視界が悪く、最初はそれが人間だとは思わなかった。もしも人の言葉を話さなかったなら、朱緋は多分、それを形の悪い樹木程度にしか認識しなかっただろう。


「……朱緋?」
「…………」


 どうしてこいつは自分の名前を知っているのだろうと思った。だけど、疑問に思ったのも一瞬だけだった。


(別に、どうでもいい……)


 問うのも関わるのも、正直面倒だったから。ちらりと彼を一瞥して、すっとその横を通り抜けようとした瞬間――腕を掴まれた。


「……なに?」
「お前に渡したいものがあったんだ」
「は?」


 思わず眉を顰めた朱緋に、彼はただ、ちょっと待ってろ、とだけ言った。そうして、自分から掴んできた腕を簡単に離して、さっさと樹海の中に消えたのである。
 本来なら、朱緋だって律儀に待つ性格ではなかったのだが、朱緋の放つ拒絶のオーラをものともしない同年代の少年が珍しかったのか、それとも単に逆らうことすら面倒だったのか。掴まれていた腕を軽く撫で、朱緋はいつものように空を仰いだ。
 夜空にぽっかりと浮かぶ月。少し欠けたそれを睨み付け、ただ無為な時間を過ごす。……そうして、どれだけの時間が経ったころだろう。


「――睨み付けても、月はなくならないと思うぞ」


 僅かに呆れを含んだ口調と共に、彼は再び朱緋の前に姿を現した。
 月を仰いでいた視線をゆっくりと下げ、少年を見る。夜の闇の中、前髪越しではあまり定かではないが、そのとき確かに、朱緋は希瑛と視線が交わったのを感じた。
 何色かもわからない瞳が僅かに和らいで、その右手が、軽い動作でなにかを投げた。コントロールよく朱緋の手元へと落ちてきたそれを思わず受け止めて、軽く眉を顰める。


「……なにこれ」
「前髪。切るか留めるかしないと目に悪いだろ?」


 月光の下で鈍い光を放つそれは、極めてシンプルな作りの髪留めだった。


「いらない」
「なんで。お前の目、せっかくそんな綺麗な色をしてるんだから、隠したりしたらもったいないと思うけどな」

(……知らないから)

 知らないから、そんなことが言えるのだ。この赤い瞳を持つ意味を知らないから、彼はそんなことが言える。
 でも……知らないのだ。『ここ』では、誰も知らない。
 投げ寄越された髪留めをぎゅっと握り締めて、朱緋は思う。


 ――誰も、この真紅の意味を知らない。

 それが果たして自分にとっての救いなのか、正直朱緋にはわからなかったし、今でもまだよくわかっていない。
 けれどその次の日から、朱緋は前髪を留めるようになった。
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
旭梓
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]