忍者ブログ
創作系小説ブログサイトです。気ままに小説書いたり、日常書いたり、イベント告知したりしています。
17 . August
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 . February
画像なくてすみません・・・(汗)
近々準備できたら載せます。

既刊その8。
異世界ファンタジー日常編1

サンプルは改行を変えてあります。

「見えない閉塞を、鏡だけが知っていた」より抜粋。

拍手




「――私達、姉弟になりましょうか」


 家族を失い、孤児院へと入ることとなったその初日。希瑛(きえい)に向かってそう微笑みかけたのは、偶然同じ日にその孤児院へとやってきた年上の少女だった。
 大人っぽい顔立ちに、黒い髪と赤紫の瞳。薄いレンズの眼鏡をかけた目元は優しく、浮かべられた笑みからは上品さが窺える。
 孤児院の先生から瑛孤(えいこ)と紹介された少女は、そんな、よくいえば落ち着きのある、悪く言えば子供らしからぬ子供だった。


「……なんでだ?」
「なんで、とは?」


 ゆっくりと首を傾げる彼女に、希瑛は眉を寄せて、警戒心を隠すことなく問いかける。


「なんで、そんなことを言う?」
「理由が必要かしら?」


 普通は必要だろう。そう思いながら、希瑛は少しだけ呆れて瑛孤を見遣る。彼女と自分は紛れもなく初対面だったし、孤児院の先生曰く、ここに来た以上はみんな家族よ、とのことだったから、わざわざそんなことを言われる意味がわからない。
 訝しげ、と表現するには少々疑惑の強い眼差しを受けて、彼女はくすりと小さく笑みを洩らした。希瑛と目線を合わせるように屈み込み、そっと目を細めながら、言う。


「理由は、みっつ」


 赤紫の瞳が、とても優しい色をして希瑛の顔を覗き込む。希瑛はその瞳をまっすぐと見返し、その続きを待った。


「ひとつ目は、あなたと私が、同じ日にこの孤児院に来たから。ふたつ目は、あなたと私の名前、『瑛』という字が同じでしょう? 偶然とは思えない、縁のようなものを感じない?」
「…………」


 随分簡単な理由だな、と希瑛は密かに思う。いや、思うというよりは、軽い失望に近かった。何かを期待するほど、希瑛は瑛孤を知らなかったが、それでもあのとき、希瑛は何かを感じていた。それが何かは、自分でもわからなかった。……けれど。


「みっつ目は――」


 けれど瑛孤は、まるで希瑛の心をわかっているかのように、白い手をゆっくりと持ち上げたのだ。希瑛よりも少し大きな手が、そっと頬に触れ、包み込むような温かさに、亡き母のことを思い出す。あの人も、こうして温かい手で希瑛に触れていた。


「――あなたの瞳(め)が一番、家族が恋しいって言っていたから」


 それは、心に染み込むような、静かで穏やかな声だった。
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
旭梓
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]